印刷

学校からのお知らせ

悪天候時の対応について

通常授業の場合

  1. 午前6時の時点で「練馬区、杉並区、中野区」のいずれかに、大雨・暴風・洪水・大雪のうち、いずれか一つの警報が発令されている場合は午前9時まで自宅待機とする。
  2. 午前9時の時点で上記の警報が解除されていない場合は全日自宅学習とする。全て解除されている場合は、10時40分(3時間目)から授業とする。ただし、短縮時程のときは 10時20分から授業とする。

   また、生徒が居住する区市町村に警報が発令されている場合は、その生徒に限り、上記の対応となる。
 

学校行事、その他の場合

 事前に、ホームページやTwitter等を通して周知する。

※警報の有無にかかわらず、天候等の状況が悪い場合や警報解除直後は、十 分安全を確認した上で登校する。



 

出席停止・治癒証明について

インフルエンザ等の感染症について

  学校保健安全法に基づき、下表に示す感染症に罹患した場合は出席停止扱いとなります。
 
  • 治癒するまで出席停止扱いとなり登校できません。(欠席になりません。)
  • 健康が回復するまで、十分に休養してください。
  • 医師に診断された後、速やかに学校に連絡してください。
  • 医師の指示に従い治療を受け、登校再開の判断も主治医に相談してください。
治療後は、保護者作成の【感染症に関する報告書】を学校(学級担任)に提出して登校再開となります。
 
 

【感染症に関する報告】

所定の用紙を用意しています。学級担任又は養護教諭に申し出てください。
提出の際は、医療機関の処方薬明細等の写しを添付していただきますので、ご用意ください。
 
報告書はダウンロードもできます。 ⇒ 【感染症に関する報告書】(PDF版)
 

学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間の基準

 

 

感染症の種類

出席停止期間の基準

第   一種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、特定鳥インフルエンザ(H5N1・H7N9)、他指定感染症及び新感染症

治癒するまで

第二種

インフルエンザ(H5N1鳥インフルエンザを除く)

発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで

百日咳

特有の咳が消失するまで又は5日間の適切な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

麻しん(はしか)

解熱後3日を経過するまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで

風しん(三日ばしか)

発疹が消失するまで

水痘(みずぼうそう)

すべての発疹が痂皮化するまで

咽頭結膜熱(プール熱)

主要症状が消退した後2日を経過するまで

結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

第三種と同じ

第三種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症

症状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで

溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅班、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎など

全身状態が悪いなど、条件によっては医師の判断で出席停止の措置が考えられる感染症で、基準は上記と同様

 

         ※ 第二種感染症(結核及び髄膜炎菌性髄膜炎を除く。)の出席停止期間の基準は、病状により
            学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではない。
 

〒177-0044 東京都練馬区上石神井2-2-43
電話 : 03-3920-0319 ファクシミリ : 03-5991-0757