学校長挨拶

本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 
「向上進取の精神と高い志を育てる」
 
本校は、歴史も古く昭和十六年にまでさかのぼります。現在の中野区鷺宮に東京府立第十八高等女学校として創立されました。その後、昭和十八年に現在地への移転に伴い、都立井草高等女学校と改称し、昭和二十五年には現在の都立井草高等学校と改称するとともに男女共学となりました。
二万三千人を超える卒業生は、現在も行政・経済・教育・医療・芸能など、多方面で活躍しています。これら卒業生諸氏の存在は、我が校の大きな誇りとするところです。
しかし、本校は、歴史と伝統を守りながらもそれに甘んじることなく、常に進歩し続けている学校です。
 
  本校の教育目標は、
「真理を探究し、問題を自ら解決する態度を培う」
「責任を重んじて自主的に行動し、勤労を尊ぶ健全な精神を育成する」
「礼儀正しく、気品に富む明朗な生き方を学ばせる」
「人権を尊重し、協力して社会の発展に貢献する人材を育成する」です。
 
一人一人の生徒が、知性と感性を磨き、心身の健康を培いながら、向上進取の精神をもって、常に高みを目指し、自ら先へ先へと進んで、進歩していく。これが本校と、本校の生徒の姿であると考えます。そして、その進歩は、日々の学校生活の中で、一歩一歩なされていくものです。
そのためにも、本校では、日々の授業を何よりも大切にしています。授業の質はもとより、質の高い学習活動のために、本校では授業準備や家庭学習についても指導し、学習の習慣を身に付けさせます。また、学習活動だけなく、高校生らしい規律正しい生活習慣を身に付けさせるため、教職員一丸となって指導しております。
さらに、学校行事においては、体育祭、文化祭の二大行事を通して友人との人間関係を深める行事や、自らの進路を考え発展的な学習に取り組む行事など、皆さんが、自主性を伸ばし、それぞれに成長できるよう、様々な教育活動を設定しています。
 本校の生徒には、こうした日々の授業や様々な学校行事、部活動などを通して、多くの友人と出会い、互いに切磋琢磨しながら成長し進歩していくことを期待しています。また、それができる生徒たちであると確信しております。
本校での三年間の中で生徒たちは様々なことを学びます。学んで、それを将来どう生かすのか。言い換えれば、何のために学ぶのか。生徒達には、このことを常に考え続けてもらいたいと思っています。
本校には、志を同じくする多くの友が集っています。
それぞれが学ぶ目的を明確にもち、友と手を携えて勉学に励んでいます。
生徒一人ひとりが、高い志をもち、向上進取の精神で自己実現を目指す。
それが井草高校です。
都立井草高等学校長
内田 圭一
〒177-0044 東京都練馬区上石神井2-2-43
電話 : 03-3920-0319 ファクシミリ : 03-5991-0757